EDの原因とストレスの関係まとめ

EDの原因とストレスの関係まとめ

 

元気な男性

 

 

男性の勃起は男性器内の海綿体と呼ばれるスポンジ状の空間に血液が満たされる事で、太く膨らみ硬くなった状態になります。

 

 

この時には性行為や自慰の時の性的興奮により起こるとされており、
性的興奮を伝える脳や神経系、血液を送る循環器系、性的なホルモンを分泌する内分泌系が深く関わっています。

 

 

ED(勃起不全)の原因

 

 

EDは勃起不全の英語訳になります。

 

 

数年前まで多く使われていましたインポテンツは、性的興奮や射精までも含む性的な機能障害に当たり、
単に勃起が不十分な症状にはED(勃起不全)が使われるようになりました。

 

 

勃起不全は原因別に4つに分けられます。

 

  • 機能性勃起障害
  • 器質性勃起障害
  • 混合性勃起障害
  • 薬剤性勃起障害

 

 

機能性勃起障害は心理的な原因があるとされるものです。
具体的には医療機関で検査をした結果、いずれの原因も見当たらない時に該当します。

 

 

器質性勃起障害は先ほどの勃起の仕組みで取り上げた脳や
神経系、循環器系、内分泌系や男性器そのものに異常がある場合に該当します。

 

 

具体的には海綿体に血液を送る血管の異常や、
怪我や手術によって男性器の筋肉や神経が損傷された場合に起こります。

 

 

混合性勃起障害は両方の原因がある時に該当します。
薬剤性勃起障害は薬の副作用によって起こるものです。

 

 

具体的には向精神薬やホルモン治療薬の副作用で起こります。

 

 

ED(勃起不全)とストレスの関係

 

 

ストレスを抱える男性

 

 

先ほどの4つの原因の中でストレスが関与するものは機能性勃起障害になります。
特にストレスを原因とする勃起不全は20〜30代に多いと言われています。

 

 

日々のストレスを原因とするものと幼少期のトラウマによるものに分けられます。
日々の仕事や家庭生活、経済的なストレス全てが勃起不全の原因となります。

 

 

幼少期のトラウマでは性的虐待の他に一見無関連に思われる
両親の離婚や兄弟姉妹間の問題などでも、勃起不全の原因になると言われています。

 

 

 

勃起不全はご夫婦の性生活が満足に送らなくなるばかりか、不妊の原因にもなりかねません。

 

 

その原因は機能性勃起障害、器質性勃起障害、混合性勃起障害、薬剤性勃起障害の4つに分けられます。
中でも機能性勃起障害は結婚、出産の機会のある20〜30代に多いとされています。

 

 

自覚のある方や、奥様に指摘されている方は専門の医療機関での治療を行い、満足な性生活を取り戻す事が大切です。